■研究主題
確かな学力を育む算数科授業づくりの創造
−学びの積み重ねを図る「迫小プラン」の実践を通して−

■研究目標
 確かな学力を育むために,どのような指導の工夫をすればよいのか,「迫小プラン」に沿った算数科の授業実践と検証を中心に明らかにしていく。

■研究の視点
 算数科の授業において,以下の点について実践を積み重ねれば,児童の確かな学力を育むことができるであろう。
 ○ 学びの積み重ねを図る「迫小プラン」の実践
 ○ 日常的活動における基礎的な力の育成

■研究の内容
(1)学習指導の工夫
 ○ 授業づくりモデル「迫小プラン」の実践と検証
(2)理論研究
 ○ 確かな学力を育む授業づくりのあり方
 ○ 学力向上に向けた組織的な取組について
(3)日常的活動における基礎的な力の育成
 ○ 学習時の約束の定着
 ○ スキルアップ「ぐんぐんタイム」の活用
 ○ 家庭学習の充実


CGI-design